FC2ブログ

08月≪ 2019年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2009.02/07(Sat)

平均賃金って、休業手当って…

平均賃金は、「平均賃金を算定すべき事由の発生した日以前3か月間(算定期間)にその労働者に対し支払われた賃金の総額を、その期間の総日数で除した金額をいう。」とされています(労基法第12条第1項)

上記が原則ですが、月給制の場合でも以下の基収1619号で最低保障額があり、労基法第12条第1項と比べてより高い金額の方を払わなければなりません。

 〈いわゆる月給日給制の場合の平均賃金の算定〉

 賃金の一部もしくは全部が、月、週その他一定の期間によって定められ、且つ、その一定の期間中の欠勤日数もしくは欠勤時間数に応じて減額された場合の平均賃金(算定期間が四週間に満たないものを除く。)が、左の各号の一によってそれぞれ計算した金額の合計額に満たない場合には、これを昭和二四年労働省告示第五号第二条に該当するものとし、自今、かかる場合については、同条の規定に基き都道府県労働基準局長が左の各号の一によってそれぞれ計算した金額の合計を以ってその平均賃金とする。
一 賃金の一部が、労働した日もしくは時間によって算定され、又は出来高払制によって定められた場合においては、その部分の総額をその期間中に労働した日数で除した金額の一〇〇分の六〇
二 賃金の一部もしくは全部が、月、週その他一定の期間によって定められ、且つ、その一定の期間中の欠勤日数もしくは欠勤時間数に応じて減額された場合においては、欠勤しなかった場合に受けるべき賃金の総額をその期間中の所定労働日数で除した金額の一〇〇分の六〇
三 賃金の一部が月、週その他一定の期間によって定められ、且つ、その一定の期間中の欠勤日数もしくは欠勤時間数に応じて減額されなかった場合においては、その部分の総額をその期間の総日数で除した金額
(昭三〇・五・二四 基収第一六一九号)

月例賃金について、通常の企業では、月給制がとられているが、月給制にも「完
全月給制(1ヵ月の賃金が1ヵ月間の労働日数に関係なく固定しているもの。欠勤が
あっても賃金を控除しないもの)」「月給日給制(賃金が月単位で決められている
が、欠勤日がある場合には、欠勤日数に応じて欠勤控除がなされるもの)」「日給月
給制 (1日いくらと決まっている日給制でありながら、その支払いは毎月1回の給
料日に支払うもの)」などがある。但し、「完全月給制」であっても、基本的に、労
務の提供がない限り、賃金請求権は発生していないため、労働者からある程度の労務
の提供がなければ、使用者が賃金を支払う義務は発生しないものと思われる。つま
り、労使間の雇用契約の意思に基づいて、通常想定される数日間の欠勤について賃金
を控除しないということであり、社会通念上これを超える欠勤について賃金を控除す
ることはやむを得ないと思われる。
「月給日給制」と「日給月給制」の区別は、「月給日給制」が「月給?(欠勤日数
×日給)」という計算式になるのに対し、「日給月給制」は、「日給×出勤日数」と
なる。また、「月給日給制」と「日給月給制」とでは、平均賃金の算定方法において
具体的な違いが出てくる。つまり、欠勤控除のある「月給日給制」では、3ヵ月前の
欠勤しなかった場合における賃金の総額をその期間中の「所定労働日数」で除した金
額の100分の60の金額が最低保障となる【昭30.5.24基収1619号】。
具体的には次のとおり。
《月給日給制の場合の平均賃金額の最低保障額》
前3ヵ月において欠勤しなかったならば受けるべき賃金総額÷その期間中の所定労
働日数×60÷100
《日給月給制の場合の平均賃金額の最低保障額》
前3ヵ月の支給賃金総額÷その期間に現に労働した日数×60÷100
(http://www.pref.osaka.jp/sogorodo/soudan/roudouqa/index.html)より


今日、中雇金(はじめてこう略すとしりました)の申請書提出からみで助成室に行ってきました。あいかわらずの盛況ぶりですが、テレビが撮影しにきててびっくり!
順番待ちしている姿はあまりかっこよろしくはないので私は映らないように隠れていましたが。。。

ポチッとしていただくと励みになりまする。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

今日平均賃金・休業手当について係の人と話しているなかでどうしても係の方がいうことで納得できないことがありました。
平均賃金・休業手当の計算の仕方は基本中の基本なんでしょうが、助成室の係員の人がおっしゃったこと(私の聞き間違いかもしれないので内容は詳しく書きませんが)は勘違いしてるのではと思いつつも、あまりにもはっきりと言うので心配になり、小一時間程悩んでしまいました。
3つの労基署に確認してなんとか納得しました。あんまり新人をふりまわさないでほしいよ。

「同じ厚生労働省ですが、助成室の人はハローワークの人だからよく法律を勘違いして解釈してるんですよ」って、労基署職員のお言葉。いやそれでは困るんですが。特に今回の助成金は企業の生命がかかっていますからね。

?名古屋の社長防衛隊 中小企業緊急雇用安定助成金の申請代行は社会保険労務士 to U OFFICE ?

 
スポンサーサイト



00:54  |  助成金  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://nagoyanojinjiroumu.blog8.fc2.com/tb.php/32-21a57a62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |