FC2ブログ

08月≪ 2019年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2010.05/30(Sun)

営業中ワンちゃんに噛まれたら

ご相談があったので、ちょっと労災について調べてみました。その途中経過の覚書です。

1.訪問先のお客さんの飼い犬に噛みつかれて負傷

個人宅での商談中などに、そこの飼い犬に噛みつかれてしまった場合は、労災になる可能性が高いです。
この場合は噛みついた犬の飼い主がはっきりしているので、労災を使う場合には第三者行為災害となり、様式第5号とともに第三者行為災害届の提出が必要となります。後日、飼い主であるお客さん宛てに、国から求償に関する通知が確実に行ってしまうので、労災を使う場合にはあらかじめお客さんに知らせておいた方がいいかもしれません。

慰謝料等(治療費自体も)を飼い主に直接請求する場合もあるでしょうが、お得意さまや契約をいただいた方にはなかなか損害賠償なんかはしにくいかもしれませんね。ただ、傷の程度によっては請求がなされ、傷害保険や損害賠償責任保険を使ってもらうケースもあるようです。

2.外回りで道を歩いていたら、突然ノラ犬に噛みつかれて負傷

最近では、あまりノラ犬自体見かけません。でも名古屋市内でもはずれの方にいけばいるんでしょうかね。きょうび日本国内では狂犬病の発生件数はまずゼロでしょうが、いきなり飛びかかられたら犬好きの私でもたまげてしまいます。
この場合、外回り中なので、労災になる可能性が高いです(たとえば、「角を回ったらノラ犬がいて突然襲いかかってきた」や「訪問先の門の前にノラ犬がいて、どかそうと思ったら噛みつかれた」などのケース)飼い主が特定できないので、様式第5号のみを提出ということになるようです。

ただし「かわいいから撫でてやろう」と自分から手を出して噛まれたなど…発生の原因・状況によっては、労災とならない可能性がありますので、その時には私傷病ということで健保を使うことになると思われます。

私の顧問先や関与先にも、室内でワンちゃんを放し飼いにしているところがあります。今度から撫でるときは、ちょっと慎重にしなくちゃな(笑)

ポチッとしていただくと励みになりまする。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へにほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ



社会保険労務士


代行サービス検索サイト『コマッタコム』

士業名鑑
スポンサーサイト



19:24  |  労務問題  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://nagoyanojinjiroumu.blog8.fc2.com/tb.php/195-d7526a76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |