FC2ブログ

07月≪ 2019年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2010.03/25(Thu)

とほほな営業結果

昨日の営業結果はとほほな感じ。
問い合わせのあった会社さんを2件訪問してきたのですが、夕方に訪問した会社で惜しいことをしてしまいました。

まず、挨拶もそこそこに、同席された社長の奥様が、経理や総務、また医療事務の経験・知識が豊富な方だったので、助成金や雇用保険制度・医療保険制度について結構詳しいお話をさせていただきました。

とんとんと話はすすみ、手続きのおおまかなことは奥様がご自分でできるということでしたので、では相談顧問の契約でいきまひょかと、商談がまとまりかけそうだったとき

「そういえば、先生のところはあれやってるんですか?」

「あれ、とはなんでしょう?」

「…なんとか保険。。組合??。」

一瞬、わかりませんでしたが、聞いてみると社長も労災に加入したいということだったので、労働保険事務組合はあるのかという質問だとわかりました。

そういえば、開業してから1年の間、ほとんど特別加入の話はしても、それを必要とする会社さんにあたらなかったので、まだうちの事務所は事務組合加入をしていません。恥ずかしながら会費とか仕組みとかがいまいちわかっていなかったのですが、調べてみるとなるほどなるほど(意外に会費とか安いんですね。いまさらですが…)

でもどうなんでしょう。。社労士の人たちはどれくらいの割合で事務組合加入しているんでしょうか。
尊敬する先生の受け売り&影響ですが、つきあいでやるものなんじゃないのというか、行政の下請けなんじゃないのというか、食わず嫌いなイメージを私は持ってしまっていました。ただ、クライアントさんが求めているなら、これもありなのかな。とりあえず、契約もらってから考えてもよかったなと反省してしまいました。

結局次のアポが迫っていてあえなく時間切れ。次回へ持ち越しとなりました。決断の遅さが災いし、みすみす契約を逃してしまったのかな?


社会保険労務士


代行サービス検索サイト『コマッタコム』


ポチッとしていただくと励みになりまする。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
12:16  |  社労士営業  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

●SR

20年以上社労士をやっているような先生は自前で事組もっている場合が多いですよね。 
うちは所長が申請直前まで考えたそうですが、止めたそうです(笑)
なので県会のSRに加入しています。当県では事組もっていない社労士はほぼ加入している印象です。
何しろ零細多いので需要があります。
営業戦略上、零細事業所も相手にしていくのであればありだと考えます。
DJヒロ | 2010.04.01(木) 10:48 | URL | コメント編集

●Re: SR

> 20年以上社労士をやっているような先生は自前で事組もっている場合が多いですよね。 
> うちは所長が申請直前まで考えたそうですが、止めたそうです(笑)
> なので県会のSRに加入しています。当県では事組もっていない社労士はほぼ加入している印象です。
> 何しろ零細多いので需要があります。
> 営業戦略上、零細事業所も相手にしていくのであればありだと考えます。

DJヒロさま、アドバイスありがとうございます。

県会のSRに確認したところ、すぐ加入でき、入会金等もそれほど高額ではないようなので早速検討したいと思います。

営業戦略では、社員0人~2、30人くらいの零細事業所を主に相手に、リーズナブルな顧問料で広く展開していけたらいいなと思っています。

うちの弱小な事務所規模に自然と見合うようになってるのか、問い合わせ自体も零細企業からがほとんどですが…(笑)


21世紀のサムライ・社労士ハヤト | 2010.04.01(木) 13:46 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://nagoyanojinjiroumu.blog8.fc2.com/tb.php/167-59d7a8bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

社労士超高速勉強術 ■■■1年足らずで行政書士・社労士・宅建の資格に合格した筆者の勉強法を公開!!

ここ数年社労士の資格が注目を集めています でも社労士って合格率7%と言う狭き門で...
2010/04/22(木) 16:10:04 | 続無知の知

▲PageTop

 | BLOGTOP |