FC2ブログ

08月≪ 2019年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2008.12/16(Tue)

精神障害による障害年金の請求について2

障害年金を請求する場合、気になるのが「そもそも自分の傷病で障害年金がもらえるのだろうか」ということ。

障害年金を請求する上で診断書の提出は必須だが、診断書を病院で書いてもらうのには数千円のお金をとられます。また、医師によっては多忙ということでなかなか書いてくれず、実際に診断書を手にいれ、請求できるのが遅れることもある。(事後重症による障害年金の請求の場合は認定されたとしても、請求した翌月分からしか支給されないので、もらえる年金が数か月分少なくなってしまう場合もあります。)

年金を請求する上でまず確認したいのが、原因傷病の確認です。まず、具体的な自分の傷病名を担当医に聞いてみるとよいでしょう。傷病名には、われわれ医学の素人がはじめて耳にするようなものがたくさんあります。なかにはそもそも障害年金の認定の対象とならない傷病もありますので、「○○障害年金を請求しようと思うんだがどうだろうか…」と担当医に相談してみてもいいでしょう。
何も確認せず、いきなり診断書をとると、傷病によっては対象外となり、お金の無駄になってしまうことにもなります。

昨日のブログで神経症、人格障害、ノイローゼは原則認定の対象にならないと書きましたが、診断傷病名だけみてもなかなか対象外になるのだろうか素人にはわかりづらいところがあるのが実際です。

●診断名から原則認定対象外になる傷病
・摂食障害
・強迫性障害
・解離性障害
・全般性不安障害
・恐慌性障害(パニック障害)
・妄想性人格障害
・分裂病質性人格障害

※ただし、原則認定対象外ということで、上記のような傷病とともに、その他の傷病や症状が複合的に発症しているような場合はもちろん、認定対象外の傷病のみでも請求すること自体は自由でできないわけではありません。

●わかりにくいが認定対象となる傷病
・双極性(感情)障害  (いわゆる「躁うつ病」)
・(単極性】感情障害  (いわゆる「うつ病」)
・妄想型分裂病     (いわゆる「統合失調症」)
・分裂感情障害・うつ病型(いわゆる「統合失調症」)
・破瓜型分裂病      (いわゆる「統合失調症」)


社会保険労務士


代行サービス検索サイト『コマッタコム』


ポチッとしていただくと励みになりまする。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村

社会保険労務士 to U OFFICEから愛知県内の経営者さまへ

助成金活用アドバイス、社会保険料の節減対策のことなら名古屋の社会保険労務士 to U OFFICEへ

名古屋市内およびその近郊の会社さま限定で初回無料相談(弊所へご来所または貴社へのご訪問)をおこなっています


TEL 052-957-5712(9時?19時 土日祝日対応可)
E-mail info@to-uoffice.com
URL http://www.to-uoffice.com
 ←事務所のHPはこちら
※直接会ってこそわかることがあると考えております。まずはお気軽にお電話・メールにてお問い合わせ下さい。(ただし、お電話・メールでの相談は行っておりませんのでご了承下さい。)

スポンサーサイト



10:19  |  年金  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://nagoyanojinjiroumu.blog8.fc2.com/tb.php/16-6901cad1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |