FC2ブログ

08月≪ 2019年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2010.01/09(Sat)

名古屋市国保料値下げと社会保険に加入しない会社

名古屋市は生活支援の一環として、国保料(均等割)を3%値下げすることを検討しているようです。

たまたま今日うかがった会社が社会保険未加入であったので、国保のニュースが気になりました。その会社は創業してすでに数十年なのですが、時折従業員から社会保険に入りたいとの要望があがっていたのにもかかわらず、すっと未加入のままで従業員には国保・国民年金に加入してもらっていたらしい。

なぜ入らなかったのかという私の問いには、お決まりともいえる「保険料が高いから」「手取りが多い方がいいと従業員も言ったから」「同業者も…」「税理士が…」「顧問社労士が…」。。。。

で、結局のところ高齢になりつつある従業員のほとんどは無年金者になる可能性が極めて高いという始末である。後悔先に立たずである。

「どうしたものかねぇ?」

って、誰のアドバイスを都合良く聞き入れてやってきたのか知らないが、「企業経営者として全くの無責任ではないか」と思わず言葉が出てしまいました。社会保険を払わずに人を雇おうというのは、ただで働いてくれる人を雇おうとするようなものだというのは言い過ぎでしょうか。長年働いてもらってきた従業員の多くは、たとえほんのわずか手取りが多かったとはいえ、老後のためまたはマイホーム購入のためその分を蓄えているような人は少なく、なぜか独り身の人も多く、老先に不安を抱きはじめている。長年会社のためよく働いてくれた従業員の老後に安心を与えられない経営者の責任は重い。


しかもよくよく話しを聞いてみれば、経営者自身も役員報酬の金額からみて社会保険に入っていた方が保険料も安くついたし、病気で休むことも多かったらしいから給付面でもだいぶ違いがあっただろう。後の祭りですが、ちょいとむなしくなる今日の昼下がりでした。

ポチッとしていただくと励みになりまする。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村


社会保険労務士

士業名鑑
代行サービス検索サイト『コマッタコム』

スポンサーサイト



00:43  |  社労士の仕事  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

●未適用事業所

労働保険さえ未適になったままの事業所、結構ありますよね。
市内の大手チェーンスーパーのテナントで何十年も労災さえ未加入の小売店があります。 
他にNPO法人もあります。

所轄行政が法律通り指導してこなかったことも原因だと思います。
労基法はじめ罰則は明文化されていますが、実際適用されるのはごくごくまれです。 
せめて社労士が不正に加担しないようにしないといけませんね。
 
DJヒロ | 2010.01.11(月) 13:37 | URL | コメント編集

●Re: 未適用事業所

DJヒロさんへ

開業前からわかっていたことですが、予想以上に労働保険・社会保険未加入の事業所が多いですね(まぁ、そこが社労士の出番ですが)NPO法人も多そうですね。

そういう会社にも顧問社労士が一応いるというのが同業者として情けないです。
21世紀のサムライ・社労士ハヤト | 2010.01.11(月) 18:26 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://nagoyanojinjiroumu.blog8.fc2.com/tb.php/136-ac1c5598
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |