FC2ブログ

04月≪ 2010年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2010.05/26(Wed)

なんとなく考えてみました

ここのところ、退職時の会社vs労働者のトラブルについて、相談をされることが続いています。昨日もとある会社さんから「退職した労働者が裁判を起こす、と言っているんだがどうしたらよいでしょう。。」というお問い合わせをいただきました。

そこで今日は唐突ですが、よく同業者間でも話にのぼり、お客さんからもたまに尋ねられる「センセイは会社側なの?それとも労働者側なの?」というお決まりの質問について、改めて考えてみました。

*********************************************************************

私は、開業以来どちらかといえば、いわゆる「会社側」での仕事を主としてきました。労働者の方から相談を受けたことは今まで数える程しかありません。ただ、それはあくまで依頼や相談をいただいた回数の差だけで(たまたまではもちろんないんですが)、どちら側についているということではありません。(なんだか煮え切らない回答になっております)


1.好むと好まざるとにかかわらず、駆け出しの私にとっては営業の主対象として「会社側」しか、現時点では考えられない。

2.最終的には、どちら側ということを決めつける必要はない。両方でよい。単に依頼者のためにである。

*********************************************************************

1.については、単に私の力不足(経済力不足もか)の問題だといえます。どうしても報酬のことを考えると、労働者側に立った場合のビジネスプラン(ひらたく言えば、事務所経営が安定しているとはまだ言えない自分自身が、労働者側でそもそもどうやったら生活していけるのか)がいまのところ描ききれていません。畢竟、営業のベクトルも経営者向けとなり、「会社側」社労士とみられることになります。
ブログなどを拝見すると、労働者からのご相談に特化された尊敬すべき先生も少なからずいらっしゃるようですね。私はもっと勉強が必要です。


2.については、そのままです。営業上の戦略として、外見上は「会社側」「労働者側」に分かれたとしても、最終目標というか理想としては、会社が法をしっかり守り、従業員も安心して気持ちよく働ける労働環境ができあがる・でっ、会社が発展して成長してくれる(社労士としてそのサポートができる)。これに尽きるのではと思います。


できれば自分が肩入れしたくなる依頼者側の仕事をその都度受けたいのですが、何にせよさきほどの最終目標というか理想は忘れてはいけないのだと思います。

労働者を単なる金儲けの道具としてしか見ていない経営者は淘汰されていくべきだと思います。そして、そういった悪徳経営者に立ち向かえる勇気と知恵を持った労働者(特に若者)が増えることはすばらしいことだと思います。

ただ、ここのところの相談でも感じたのですが、同世代として悲しく思うことは、自らの発した言葉や行動、交わした約束を簡単に反古にする若者(若者に限らずですが)が少なからずいるということです。

こうすればカネがぶんどれると聞くや、嘘八百をつこうが、「経営者が地獄に落ちるまで」「濡れ手に粟」を目指す。そういった人は往々にして、個人的な逆恨みや憂さ晴らしの解消、いくばくかのカネにしか興味はありません。それでは、前述の悪どい経営者と同じ穴の狢ではないでしょうか。

決して安穏とはしておれない日本の行く末を思うと、せっかくのあふれ出る若者のパワーを労使紛争に使わざるをえない今の状況は不幸です。ただ、現実はなんだかんだいっても無法な会社の方が圧倒的に目立つので、それを労働者側から正す役割が社労士により求められているのは間違いないでしょう。あっ、いかんまた○○側になってしまった。


社会保険労務士


代行サービス検索サイト『コマッタコム』


ポチッとしていただくと励みになりまする。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へにほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
士業名鑑
スポンサーサイト



20:25  |  よしなしごと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |