FC2ブログ

01月≪ 2010年02月 ≫03月

12345678910111213141516171819202122232425262728
2010.02/03(Wed)

社会保険料のこと

今日はめちゃんこ寒いですね。名古屋でも一時、みぞれのような雪のようなのが降っていました。

さて、3月分から健康保険料が大幅に引き上げられる(愛知県の場合は8.19%→9.33%)こともあってか、社会保険料の会社負担を何とか節減できないかというお問い合わせが今日2件ほどありました。


法的に問題の起こらないテクニック的なものは何個もありましょうが、もし何らかの手立てを行うにしても、従業員にとって不利益にならないように、またそんなことで従業員との信頼関係を崩すことのないように気をつけることが大事ですね。

私はどちらかというと20代?30代のお若い経営者の方とお会いする機会が多いのですが、この世代の方たちの方が50代?60代の方に比べると、社会保険制度(特に年金)に対する不信感をやはり強く抱いているという印象を受けます。法律なんて知っちゃこっちゃねぇ、と会社を設立しても入りたくないという方もけっこうみえます。

ただ、損得勘定で考えるのではなく、経営者の責務として、また従業員のためにも社会保険くらいは入らないとですね。(実は単純に損得勘定で考えても社会保険に加入した方がいい経営者もいっぱいいるのですが…)

社会保険料引き上げ&節減をきっかけに、いま付けている手当の意味や現行の賃金制度が従業員のモチベーションアップ・利益向上のために本当になっているのかといったことにまで思いをめぐらせてもらえればいいのですが。。。

ポチッとしていただくと励みになりまする。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



18:23  |  よしなしごと  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.02/03(Wed)

「採用の教科書」

昨日、福岡県の人材採用コンサルタント・社会保険労務士の稲田行徳先生が書かれた「採用の教科書」を読ませていただきました。元々、先生のブログやメルマガをいつも拝見させてもらっていたので、本の到着をいまかいまかと心待ちにしていました。届いて一気に読んでしまいました。

開業1年目の昨年は会社設立・人材採用時の助成金を主力商品としていた関係で、顧問先・関与先から求人や人材定着に関する相談をうけることが多かった私です。せっかく雇った従業員の半分以上が辞めてしまった会社もあり、ありきたりのアドバイスしかできない自分をはがゆく思っていたのです。

先生の本を拝読して、採用する前段階での準備の大切さを改めて感じました。

どれだけ入念な事前準備と採用過程の改善をしても、人間が絡む採用という場面においていつも100%成功ということはないと思いますが、何も考えずに行う求人・採用・面接は明らかに企業にとって損失であり、不幸です。

稲田先生をお手本に私も社労士として少しでもミスマッチ、リスクの軽減に貢献できればと思います。いくつかいいアイデアも浮かんでます。

たまに社長さんから「このまえ入社した○○さん、すごく頑張ってるし、ほんといい人が来てくれてよかったよ」なんていう話しを聞くと、お会いしたことのない従業員の方のことなんですが、なんだか私までとても嬉しい気分になれます。

ポチッとしていただくと励みになりまする。

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ
にほんブログ村


社会保険労務士

士業名鑑
代行サービス検索サイト『コマッタコム』
00:16  |  社労士の本棚  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |